ネットワークの種類


コンピュータネットワークとは

コンピュータネットワークとは複数のコンピュータがお互いにデータのやり取りができるようにするための技術、またはデータのやり取りができるようになっている環境全体のことです。


基本的なコンピュータネットワークの種類

コンピュータネットワークの種類はたくさんありますが、基本的なネットワークは下記の2つになります。

  • LAN (Local Area Network)
  • WAN (Wide Area Network)

LAN (Local Area Network)  - ラン (ローカル・エリア・ネットワーク)

LAN(ローカル・エリア・ネットワーク)とは、家やマンション、会社の事務所など狭い範囲で構築されたコンピュータネットワークです。パソコン、プリンター、ゲーム機器、スマートフォン、テレビなどのコンピュータがネットワークケーブルや無線で接続され、データのやり取りが行われます。ネットワークケーブル(LANケーブル)を使って接続するLANを有線LAN、無線を使って接続するLANを無線LANといいます。

WAN (Wide Area Network) - ワン(ワイド・エリア・ネットワーク)

WAN(ワイド・エリア・ネットワーク)とは、会社の本店と支店、会社と家など遠く離れた場所で構築されたコンピュータネットワークです。本社のLANと支店のLANなどのネットワーク機器が光回線や専用回線などで接続され、データのやり取りが行われます。インターネットもWANのひとつで、世界中のコンピュータがLANやWANにより接続されて巨大なネットワークが構築されています。

 



有線LANの構築

実際にLAN(ローカル・エリア・ネットワーク)を構築してみましょう。

 

使用する機材

  • ノートパソコン(ラップトップ) * 2台

※画像をクリックするとAmazon.co.jpで購入できます

  • L2スイッチ(スイッチングハブ) * 1台

※画像をクリックするとAmazon.co.jpで購入できます

  • LANケーブル(ネットワークケーブル) * 2本

※画像をクリックするとAmazon.co.jpで購入できます

 

構築する環境

L2 スイッチへラップトップパソコン2台をLANケーブルで接続し、LAN(ローカル・エリア・ネットワーク)を構築します。

Laptop#1

OS  : Windows

IPアドレス : 192.168.1.1

Laptop#2

OS : Linux

IPアドレス : 192.168.1.2

 

構築手順

  1. 電源の投入
    1. L2 スイッチの電源を投入します
    2. Laptop#1 / #2の電源を投入します
  2. IPアドレスの設定
    1. Laptop#1 (Windows) のIPアドレスを設定します
    2. Laptop#2(Linux)のIPアドレスを設定します
  3. LANケーブルの結線
    1. Laptop#1とL2スイッチをLANケーブルで接続します
  4. 疎通確認
    1. Laptop#1からLaptop#2へpingコマンドで疎通確認します
    2. Laptop#2からLaptop#1へpingコマンドで疎通確認します

 

Share Button