独自ドメインとは

ドメインとは

独自ドメインの「ドメイン」とは、インターネットの仮想空間においてコンピュータ同士が通信するために使用される文字列のことで、実社会における住所にあたります。

ホームページにアクセスする際にブラウザに入力するアドレスや、メールアドレスにある「〇〇〇.com」がドメインです。

  • ホームページアドレス

http://www.〇〇〇.com

  • メールアドレス

アカウント名@〇〇〇.com

このドメインは住所にあたるため、「世界でたった一つのコンピュータの名前」となります。

重複しないように世界中の各国の各機関で管理されており、ドメインを使用するためには申請を行う必要があります。

 


独自ドメインとは

ドメイン「〇〇〇.com」の〇〇〇は会社名、商品名、イベント名といったオリジナルの名前を使うことができます。

このオリジナルのドメイン名が独自ドメインと呼ばれています。

ドメインは「世界でたった一つのコンピュータの名前」のため、先に登録されていると使うことができません。

使いたいドメイン名がある場合は早めの取得をお勧めいたします。

 


独自ドメインを使うメリット

信頼性

プロバイダなどのレンタルサーバを使用した場合、「http://www.プロバイダ名.com/~会社名/」、「会社名@プロバイダ名.com」のようにプロバイダのドメインを使うことになります。

一方、独自ドメインを使った場合は「http://www.会社名.com/」、「社員名@会社名.com」といった世界で一つのドメインになります。

実社会で例えると、プロバイダのドメイン名を使った場合は、「会社の一部署」、独自ドメインは「本社」といった意味合いに取れます。

ビジネスで独自ドメインを使うことは対外的な信頼を高めるためにも非常にメリットがあるといえます。

独自性

会社名、サービス名、製品名といったオリジナルの名前を使うことができるため、名刺やチラシに記載することで覚えてもらいやすいなど宣伝広告活動に効果的です。

恒久的

ホームページアドレスとメールアドレスにプロバイダのドメインなどを使用すると、何らかの理由によってプロバイダを変更しなければならない時には、アドレスを変更しなくてはいけません。

すでに告知している相手へ変更の連絡を入れたり、チラシや名刺に記載していた場合は再作成することになるかもしれません。

独自ドメインの場合は、申請している限り恒久的に使用することができます。

 

Share Button